FC2ブログ

sola 禅ヨガ

ヨガと通じて大切な「心」を学ばせていただいてます。日々感じる事や気づきを綴っています

禅ヨガとは「気づき」のヨガ

「ない」ものより「ある」ものに目を向けられること、満ち足りた心を呼び起こしてくれる・ヨガ。 心と身体の調和を目指し、心からの感謝が溢れ出てきますように

どん底クラスの不思議 その3

Posted by 黄味子 on   0 comments   0 trackback

どん底クラス最終日の午前中に再びカハラ地域にある公園でした。
前回ブログに書いた独立記念日は、人が多くごった返していましたので、
人が少ない日との違いも見てみよう。ということでその公園に行きました。
車を止めて、私が一番最初に場所取りに歩き出しました。
海沿いの5つ並んでいるベンチの一番端しか空いていませんでした。
日が照り付けているのですが、ここしかないか~。
と、そのテーブルに荷物を置いて皆が来るのを待っていました。
そこへ先生が歩いて来られる姿を発見!
私の待っているベンチに来られると思いきや、
先生は真ん中のベンチの方向へと迷いなく歩いて行かれ、
そのベンチ近くの砂浜でベンチの方ではなく、
海の方向を向いて景色を眺めている?ように見えました。
私の頭は???で一杯でした。
するとその時、真ん中のベンチに腰掛けていた人達が、
ス~っと席を立ち荷物を抱えてそのテーブルから去って行かれたのです。
この出来過ぎたタイミングに驚いた私は、先生の元に駆け寄り
「なぜこのベンチの近くで砂浜方向をご覧になられていたのですか?」
と先生へ尋ねました。
先生は「何となく、砂浜の方を見ながら、ここの日陰で涼しいテーブルが空いたら嬉しいな~。
と思っていたの」と・・・。
一同、またもや目が点。いくら願ったとしても、
この人気スポットでこんなタイミング良く先生の目の前のベンチだけが空くなんて在り得ないじゃないですか。
道理で、先生とご一緒していたら道がスムーズだし、
駐車したいと思っていた所がすんなり空くし、
そう言うと、ご来日時にも何回もこういうことがあったなぁ!
決して偶然と言って片付けられないような出来事が頻繁に起こっていたことを振り返って思い出しました。
その日のクラスは、前回の日が照り付けて肌が日焼けで痛くなる事も無く、
日陰で心地良く授業を受けれたのでした。
ちなみにクラスをしている間に他のテーブルが空くことはありませんでしたから、
私たちが来た時に有り得ないようなタイミングで席が空いたのは稀なことだったのだと、よくわかりました。
この出来事も先生とクラス中ご一緒したからこそ見る事が出来た不思議な体験だったと思います。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://resorthealing.blog52.fc2.com/tb.php/504-a6b65de9