sola 禅ヨガ

ヨガと通じて大切な「心」を学ばせていただいてます。日々感じる事や気づきを綴っています

禅ヨガとは「気づき」のヨガ

「ない」ものより「ある」ものに目を向けられること、満ち足りた心を呼び起こしてくれる・ヨガ。 心と身体の調和を目指し、心からの感謝が溢れ出てきますように

マチュピチュツアー

Posted by 黄味子 on   0 comments   0 trackback

真由美先生と行くマチュピチュツアー!どんな旅だったのか・・。

先生と行ける旅がどんなに価値のあることかを知っている人も、羨ましすぎてと口にも出来ない人も、
マチュピチュの旅がどんなだったかを聞ける日を心待ちにしておられる事と思います。

はい!羨まれる程に素晴らしい旅でした。
生涯をかけても他では経験出来ないと言い切れる濃厚な毎日でした。

聞くところによりますと、旅する前に一部の心無い人たちの嫉妬で嫌がらせまがいなことがあったようですが、
この旅をキャンセルされる方は一人もおられず、むしろ追加でご参加者が出て来た程です。
参加者全員が目標としていた課題を達成し、真由美先生はスピリットからのご褒美としてお印を頂かれました。
そのシーンは今でも思いだす度に笑みがこぼれます。

突然のアクシデントにも真由美先生の手厚いフォローを受け、難なく進めましたし、
マチュピチュ遺跡では他のガイドさんでは聞けない深いお話しもして頂けて生涯の宝物になりました。
計画をしておられた訳でもないのに、シャーマンとかメディスンマンとかに必然的に出会われました。
その場に居合わせた幸せ者の私ですが、
シャーマンと言う現地で力があるとされている方と真由美先生の共演は、どちらがシャーマンなのか?と思う程に、
明らかに真由美先生の実力が目に見えて、真由美先生のレベルの高さを体感しました。
が、真由美先生は謙虚にお相手の方に敬意を示されていました。
どちらの方々も本物だと思ったのは真由美先生に対して嫉妬したり競ったりされなかった事。
出来る方々の謙虚さや敬意の示し方など、
めったに見れないやり取りを実際に目で見て体験する事も出来ました。

驚いたことは、マチュピチュ遺跡のガイドブックと実際が違った事です。
例えば、石切り場は実際には石切り場ではありませんでした。なぜそれが分かったかと言うと、
その場で生活する人の目線で見た時に無理があったからです。
そう言う細かな観点で真由美先生のガイドは理に適っていました。
そして、聖なる場所に入るには、その道のプロと入らないと怖いと言う事も目にしたのでした。
その辺りも追々ブログにアップして行きます。
旅のお話をいまかいまかとお待ちになっている皆様へ、
私目線での旅の様子をお届けしてまいりたいと思います。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://resorthealing.blog52.fc2.com/tb.php/477-af640b11