sola 禅ヨガ

ヨガと通じて大切な「心」を学ばせていただいてます。日々感じる事や気づきを綴っています

禅ヨガとは「気づき」のヨガ

「ない」ものより「ある」ものに目を向けられること、満ち足りた心を呼び起こしてくれる・ヨガ。 心と身体の調和を目指し、心からの感謝が溢れ出てきますように

配慮ということ

Posted by 黄味子 on   0 comments   0 trackback

私は五次元クラスのあるイベントで
スクール生ではない方とのやりとりで失礼な受け答えをしていましたことがありました。
そしてその時の私の対応は、五次元クラスの対応ということにもなるし、
結局は五次元スクールをされている先生に対して大変大変失礼をしてしまいました。
それに気づいてから、その後大急ぎでハワイに謝りに行きました。
その時の事を書きます。

緊急でお電話セッションを受けた時に、
先生からお電話で、今回のような失敗をもし私がしたとしたら私ならこうすると思う。
と、お話になられたことがありました。
それから全く失礼をされたわけでない先生が実際に日本に来られて、
私の不手際からの失礼のお詫びにいかれたという詳細を
解りやすく説明していただけました。
先生の動きは、相手の都合を最優先に考えておられました。
相手の時間を奪わないように配慮され、
差し上げるお品にまで心配りをされていたことを伺い知る事が出来ました。

それに対して、失礼をして、失礼をした当事者である私の謝り方は自分中心的で、
自分都合で動いていた事や、相手を思いやれていない事が解りました。

今までは、自分ならこれが嬉しい。と感じるままに相手にお品をお渡ししていました。
受け取った側は本当に嬉しいだろうか?
相手にとって不要な物なのではないだろうか?ということすら考えていませんでした。

もう一つは、時間に対する配慮もその時間は、私都合ではないだろうか?
人の時間を奪う事にはならないだろうか?このような考え方も今までに無かった事です。

失礼のお詫びに伺ったハワイでの最終日に
先生からお声掛け頂きお電話を受ける事が出来ました。
その時に教えて貰えたことを実践して練習していますが、
気が利く動きというのは相手の事を解っていないとできないことだと、
相手に喜んでもらえるような事って難易度が高いと感じています。

話は変わりますが、先生にとって当たり前のようにされている
普通の事かも知れない事例なのですが、
ハワイに滞在していた時に、私が着ていたジャケットを紛失しました。
その後、日本に帰ってしばらくして私の手元に戻ってきました。
後から聞いたら、ジャケットを見つけて下さった先生が
わざわざ日本に帰国される方のところまで運んで下さっていたそうです。
ジャケットは洗濯までして綺麗にナイロン袋に入っていました。
袋の裏を見たらカエルのシールが貼ってありました。

まさか先生がそんなことまでして下さるとは夢にも思いませんでしたので
知った時は嬉しさと驚きと、人を喜ばすスキルの高さに感動しました。

そんな配慮も先生はやったとはご自身では言われないので、
周りの方から聞かないと知りえない事でした。
きめ細やかな思いやりを長年陰でして頂いている事すら、
私はまだまだ見えていないのだと思いました。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://resorthealing.blog52.fc2.com/tb.php/470-e9f38eb5