sola 禅ヨガ

ヨガと通じて大切な「心」を学ばせていただいてます。日々感じる事や気づきを綴っています

禅ヨガとは「気づき」のヨガ

「ない」ものより「ある」ものに目を向けられること、満ち足りた心を呼び起こしてくれる・ヨガ。 心と身体の調和を目指し、心からの感謝が溢れ出てきますように

「沼島」に行きました~その2~

Posted by 黄味子 on   1 comments   0 trackback

「上品なガイド」と言う御役を頂いた私は、事前に観光ガイドが出来る様に下調べをする事を

真由美先生から伺いました。

「上立神岩」のいわれ等も、先生から伺いましたし、その地に立って言う文言も頂きました。

それをしっかり頭に叩き込んで、それプラス「気の利いたガイド」と言う設定での御仕度まで

丁寧に教えて下さいました。

先生の後を辿るように旅をする為に、先生と御同行された方から観光ルートまで事細かに伺いました。

淡路島のホテルからハブ港まではタクシーで移動しました。

沼島の汽船時刻をお伝えして来てもらったのに、腕時計を見たら五分前でも船らしき姿も

船着き場のような所も見えず、まだチケットも買ってないし・・。イライラが限界まで来た時に到着し

モーダッシュで、大声張り上げて乗りま~~~~~~す!!!ギリギリ乗ることが出来ました。

沼島で昼食を取ってからの時間で釣り船で周遊の予約をしていました。

船頭さんが昼を食べる所は何軒も有ると伺っていたので安心していたのですが

見渡す限り食堂の看板も、尋ねる人もいませんでした。

いや、、、まさかここまでひどいとは思いもしませんでした。

ここは釣り人しかこないんじゃない???人歩いてないし・・。聞いてはいたけどここまでとは、、、。

救われたのは「土曜日」で、釣り人や民宿に泊まる方がおられたので、送迎の車を見つけ

御食事を聞いたら予約で一杯だと断られ、歩いて10分位の所にもう一軒あるからと指を刺されたのですが

そこは山しか見えません、にわかに家らしき所を教えて下さいましたが迷路のようで(看板がないので)

うおさおしていたら、民宿の車に乗せて途中まで連れて行って下さいました。

ようやく着いた民宿兼食事所に入ったら狭い厨房に4・5人がてんてこ舞いで作っておられました。

「何とか空いてる席で何でも良いから食べれるものでお願いします。」と、

扇風機と漫画本を除けて強引に席をつくり座りこんで待ちました。

次々と入って来られる釣り人達を御断りになられていて、ここもギリギリセーフで食べることが出来ました。

沼島の「鱧」・「メバル」が特に美味しく有名なのだそうです。京都の鱧は有名ですが

オーナー曰く、沼島の鱧は京都の高級料亭で扱われていて、市場にはあまり出回らないとの事でした。

常連客らしき方が「メバル」を事前予約されていました。沼島のメバルは絶品だと・・。

横目に見ながら、豚のみそ焼きを食べたのでした。

続く



スポンサーサイト

Comment

上田 says... ""
しばらくお会いしてない間に…。
そんな良い処へ行ってたんですね😄
羨ましい。
2014.09.28 20:58 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://resorthealing.blog52.fc2.com/tb.php/313-3beff880