sola 禅ヨガ

ヨガと通じて大切な「心」を学ばせていただいてます。日々感じる事や気づきを綴っています

禅ヨガとは「気づき」のヨガ

「ない」ものより「ある」ものに目を向けられること、満ち足りた心を呼び起こしてくれる・ヨガ。 心と身体の調和を目指し、心からの感謝が溢れ出てきますように

ペルーの旅①「旅の始まりはお試しの連続でした」

Posted by 黄味子 on   0 comments   0 trackback

ペルーの旅から帰ってきて約一か月が経とうとしています。
大きな経験をさせて貰えた旅の出来事をようやく頭で整理が出来るようになりました。
先ずは、沢山のお試しを乗り越えペルーに到着した事から書きます。

ペルー往路は、乗継便が遅延に遅延が重なり、乗継地に到着した時、
既に予定していた飛行便は飛び立っていたのでした。
その後に控えている南米国内線や、マチュピチュ遺跡・ワイナピチュ、往復の電車やバスは
全てが完全予約制で変更をすることもできず、
全てがどうなるのだろうかと不安に思いました。
それでもとにかく行ける方法が無いかと、つたない英語で交渉する事何時間、
どんな方法を駆使してでも行かないと待ち合わせ場所で先生と会えない。
空港係員から待ち合わせ場所へ行く手段を提示されるまでの間、もう無理かも知れない・・。諦めようか・・。
と、何度も私の頭によぎったのでした。

予定外の経路で何とか南米まで辿りついたものの、
今度は受け取れるはずの荷物が見つからなかったり、
預けれるはずの荷物を飛行機に乗せる事が出来なくなり、
スーツケースを捨てないといけないという試練にも遭遇しました。
飛行機搭乗時刻が分読み状態の時に、
機内持ち込みサイズに荷物を詰め替える作業をしたことは生涯忘れることは無いでしょう。

度重なる試練ともいえるような出来事を乗り越えて、先生にお会い出来た時、
我々の荷物を見て先生は目をまるまるとされ「どうしたの?その○○は!」と、
笑いを含んで仰った言葉に、我に返った私達は、この時点でようやく自分たちの姿を見る余裕が出来ました。
そしてお腹を抱えて笑ったのでした。 
   
続く。

スポンサーサイト