sola 禅ヨガ

ヨガと通じて大切な「心」を学ばせていただいてます。日々感じる事や気づきを綴っています

禅ヨガとは「気づき」のヨガ

「ない」ものより「ある」ものに目を向けられること、満ち足りた心を呼び起こしてくれる・ヨガ。 心と身体の調和を目指し、心からの感謝が溢れ出てきますように

先生のドライバー体験②

Posted by 黄味子 on   0 comments   0 trackback

真由美先生のドライバーのお役をして、
有りえないぐらいのタイミングの良さで起こる出来事や
普段私の生活では起こりえない数々を沢山体験させて頂きました。

有りえないことが起こる頻度が高くて
普通という概念が解らなくなるほどでした。

間近で見た事実をなるべく私の色を付けずに
ブログに書きたいとあれこれ考えていた矢先に
先生がブログを書いて下さっていた事をヒントに今日は書きます。

下見までの時間調整を兼ねて、ある集落へご案内した時です。
プランしていたのでは無く、引き寄せられるように
大きな木がある小さな神社に車を止めました。

祠の横に「栃の木」が有り
樹齢2000年と表記されている札からしても
その年月を感じさせられる太さでした。
先生は、その栃の木を見上げ
手を触れられぐるりと一周されていました。

栃の木がとても苦しそうだと先生から説明をして貰いました。
その大きな栃の木を支えるようにと、四方八方から
ロープを張り巡らせようやくその木は立っている。
いえ、立たされているそんな感じでした。
それは、先生から説明を受けたから私の見方が変わり
そんな風に見る事が出来ましたが、
今までの私は、木からの想いなど知る由も無かったと思います。

先生とご一緒だと
自然からの声や物の見方等も教えて頂けて
人間の都合という偏った見方や概念が
どれだけ傲慢なことかと考えさせられる機会をいただけました。

その後、一週間前後だったと思いますが
あるお茶屋さんに寄った時、
善哉を注文されました。

その中には栃の実入りのお餅が入っていたのです。
先生からは「具現化が早い」と伺いました。
その時にはそこまで理解できていなかったのですが
先生のブログを読ませて頂き
これは栃の木からのお礼ともとれるんだな。
と改めて理解が深まりました。

律儀にお礼をされる自然界から
お手本を見せて貰った私は
背筋がまた伸びる想いをしております。


スポンサーサイト