sola 禅ヨガ

ヨガと通じて大切な「心」を学ばせていただいてます。日々感じる事や気づきを綴っています

禅ヨガとは「気づき」のヨガ

「ない」ものより「ある」ものに目を向けられること、満ち足りた心を呼び起こしてくれる・ヨガ。 心と身体の調和を目指し、心からの感謝が溢れ出てきますように

親の本性を見た時に

Posted by 黄味子 on   0 comments   0 trackback

昨日の事です。母が買い取り業者に見てもらう。と

自宅の物置や洋服タンスを物色するよう探し回っていました。

兄が亡くなり多くは引っ越しで整理したのですが

想い出として捨てれない物がありました。それは二人の想い出のレコードです。

小学校の頃その音楽が目覚まし代わりでした。

喧嘩した想い出の中で唯一笑顔がこぼれるようなシーンでした。

兄とは仲が悪かった、後に知る事になった母親からの虐待で

仲を悪くされて育ったのだと関係を修復しようにも兄は遠の昔にこの世を去っていきました。

良いも悪いも今では記憶しか残っていません。

そのレコードは兄の遺品。時が経てば朽ちて行く物です。なので私も物に執着してはいません。

が、先日母がそのレコードを天井収納から必死で探し出し

想い出に浸っていると、私は想い出だからのけておこう。と提案しました。

すると母は、鬼の形相で「それは私が買ったレコードや」「私は洋楽が好きやった」

「あんたは何でも自分が買った」と言うけど全部私が買ったから私の物や。と母が言い放ち

私は怒る気にならずあきれ果ててその様子を見ていました。

クローゼットの上のほうを物色していた母は不安定な脚立に乗っていたので

私が「危ないで、落ちるよ」と言った矢先に本当に落ちました。

哀れな姿を目にして私は声を掛ける気にもならなかった。

兄が天国から見ている。そう思った。

ブログを書いてる今、買い取り業者が家に来ています。母との会話を聞き

子供が可愛い、愛情が無い親なんていない。と日ごろから言ってる母親の

嘘だらけの本性を見ています。

私がプレゼントした物も、趣味で買った陶芸品も自分が全部買ったんだと。

子供の命よりお金。母親としての愛情よりお金。

この事実を何度経験しても虚しく悲しい。





スポンサーサイト