sola 禅ヨガ

ヨガと通じて大切な「心」を学ばせていただいてます。日々感じる事や気づきを綴っています

禅ヨガとは「気づき」のヨガ

「ない」ものより「ある」ものに目を向けられること、満ち足りた心を呼び起こしてくれる・ヨガ。 心と身体の調和を目指し、心からの感謝が溢れ出てきますように

聞いてほしかった

Posted by 黄味子 on   0 comments   0 trackback

前回のブログで「聞くのが怖さに繋がっていたんだと言うこと」を書かせていただきました。

今回は、なぜ聞く事が怖いのか。私の生い立ちに触れてみたいと思います。

過去の記憶を遡っても、家族の誰かに相談をして何かを決めた事が無いかも知れません。

一つには、相談しても的を得た答えが返っては来ない。

もう一つは、私が幼少期の頃から母は聞く耳を持たない人でした。

学校での出来事やお知らせ事にで対しても、「仕事で忙しい」とか

「あんたらの食べる為に仕事せなあかん」とか・・。

多くは、寝たふりをしてろくに話を聞いてはくれませんでした。

昔、私が交通事故に遭って電話した時も「大丈夫か?」と言いながら

帰ってみたら母は布団で寝ていました。あんた、気をつけなあかんやん!と、布団から起き上がり怒られはしても

ケガやどんな事が起こったのかの詳細を一切聞く事はしませんでした。

この「聞いてもらえない」事が「言えない」に繋がり

随分長い間悲しい思いを抱えて生きてきたように思います。

聞くのが「怖い」のでは無く、聞いた答えで自分が悲しい思いをするのが耐えれない・・。

のかも知れないな・・と分析していました。

現在、母と暮らしながら母の日常的な意地悪や

人の話をネット際でボレーするかの様に受け取られない会話については

追々触れていきますが

色んな気づきを得る事が出来、最後まで聞いて下さる先生との出会いで

私の人生は色鮮やかに変化しつつあります。



















スポンサーサイト