sola 禅ヨガ

ヨガと通じて大切な「心」を学ばせていただいてます。日々感じる事や気づきを綴っています

禅ヨガとは「気づき」のヨガ

「ない」ものより「ある」ものに目を向けられること、満ち足りた心を呼び起こしてくれる・ヨガ。 心と身体の調和を目指し、心からの感謝が溢れ出てきますように

ペルーの旅②「ワイナピチュの登頂で!」

Posted by 黄味子 on   0 comments   0 trackback

私たちはワイナピチュの登頂を目指して気が遠くなるほどの長く安定しない段々の道を歩き続けました。
その道のりは、自分が高所恐怖症だった事すら忘れてしまうぐらい厳しいもので、
私は後れをとってはならないと必死でひたすら歩くしかありませんでした。
ようやく辿り着いた頂上付近は、後ろを振り返る事も出来ない程の急斜面の石段が続き、
そのお陰で私は恐怖症を少し克服する事が出来ました。

ワイナピチュ

頂上には2~3人ぐらいが腰かけられる程の岩が何個か有り、
譲り合いながら他の登山者とハイタッチをしたり記念撮影をしたりして爽快感に浸っていました。
その時、真由美先生が頂きに一人立ち上がられ両手を小刻みに動かし始められたのです。
少し離れた場所に座っていた私は茫然と先生の姿を目で追いかけていました。
すると・・、山の周りを囲む景色が変わり始めまたのです。
先生が山の表面をなぞるように動かされた時、
霧のカーテンがヒラヒラと舞うように私達が座っている所を囲んでいきました。
次に天に向かい指さしながらグルグルと動かされたら、風が止まり
無重力の空間に居るような感覚になりました。

風を強く受ける山頂に立つ事さえ難しい状態で、
しかも山頂の岩は尖っていたので数分間も立ち続けておられたのもよくよく考えると有りえない事だったと思います。
先生を中心とした周りに居る私達だけが大きな風船の様な中にいるような不思議な感覚でした。
先生が天に向かってスピリットに儀式をされていた事を聞いたのは下山してからのことですが、
今このブログを書きながら振り返り、納得が出来た事がありました。
次回に続きを書きます。

スポンサーサイト