sola 禅ヨガ

ヨガと通じて大切な「心」を学ばせていただいてます。日々感じる事や気づきを綴っています

禅ヨガとは「気づき」のヨガ

「ない」ものより「ある」ものに目を向けられること、満ち足りた心を呼び起こしてくれる・ヨガ。 心と身体の調和を目指し、心からの感謝が溢れ出てきますように

出会う人が変わってきたこと

Posted by 黄味子 on   0 comments   0 trackback

先日のお電話セッションで、先生からこう言う事をしていくと
こんな人に出会っていくよ。と、具体的に伝えて下さいました。
その時、間髪入れずに私は「ありがとうございます。
既にそんな方々と出会っています」とお答えしました。

仕事場での人間関係が良好になり、お店に来られるお客様層が見違える程に変化してきました。
その結果、目に見える数字と言うところでは、4月のカレンダー発売以降、
バイト先の月次売上は目標を遥かに超えて毎月達成し続けています。

自覚するところでは、私の人に対する見方や、人から受ける言葉や態度の受け取り方、
意識が変わってきた事が大きいと思います。

私がこうして意識を変えてこれたのは、日めくりカレンダーに書かれている言葉を常に意識して、
気づきの訓練ができたり、先生から直接個人指導して貰ったり、五次元スクールに通っているからです。

ツバキ先生から私の近い将来の目標を設定して貰い、
そこに向けて努力する事を教えて貰い、自分のやるべき事に集中しています。
すると、前までは人からの評価や人の顔色等を気にし過ぎて動けなかった事も、
たいして気にならずに流せるようになってきたのも不思議です。

身体と心が強くなったと自分でも感じるようになったのは、
ペルーツアーに参加した時からです。沢山の壁を乗り越え、疲れさえ感じる間もなく動き、
その達成感から一回り大きくなれたと実感できます。
その経験が今の生活に活かされていると、いろいろな場面で感じています。

自分磨きをして変わって行く事で、出会う方の質も高くなる事を体験しています。
それにしても私がここまで変わってこられるとは
自分でも予想できなかったことで嬉しくて仕方ありません。


スポンサーサイト

「大人毒虫の会」は新たな節目を迎えました

Posted by 黄味子 on   0 comments   0 trackback

虐待を受けた人たちが立ち直れるきっかけになればという思いから
毒虫の会を始め4年目を迎えて、
大人の毒虫と子供の毒虫に会は広がり、そしてさらに大きく変わってきました。

今年、先生がご来日中に、大人毒虫の会に飛び入り参加をして下さいました。
この日を皮切りに、会は新たなスタートを切る事が出来ました。
毎月見慣れている和室の風景は、先生がおられる事で夢を見ているかのような空間に変容しました。
凛とした張りつめた空気の中で始めてくださった予定外の儀式。
一人一人が先生の誘導で暖簾をくぐり決意を表しました。
それは、今まで溜め込んだ思いであったり、次へ向かう意思表明であったり。
先生が守り、温め、育んで下さった今までの歳月を思い起こし、
私は涙が止まりませんでした。
ここに参加した全員がまぎれも無く、先生の力で、強く元気になれたのです。
その昔、自分一人が辛い思いをしていると勘違いしていた頃、弱音を吐く事、
毒を吐くことしか知らなかった事が過去になっていました。
その事を歌にして先生が歌って下ったのは・・、
「かっこ、かっこ、過去・過去・かこー。」皆で笑いました。
どんな時にでも笑いが大事だといつも先生は教えて下さいます。
この日、「解毒の会」は解散。そして次からは「元気になった会」
をして行く事と先生から教えて貰いました。

何年か前にハワイでインナーチャイルドクラスを開催して下さった時、
心が震える程感動しました。その時に描いた夢は、
先生に日本で毒虫の会をしていただく事でした。
その夢が叶った幸せな時間を私は日本の仲間と過ごし、
貴重な体験をすることが出来ました。
ですが、忘れてはならない事は、
この時間・儀式を含め、全てが先生の好意で行って下さったと言う事です。
しかも無償で・・。
先生に返したい、と口ばかりになる事無く行動で見せる事に精進していきます。


先生の後を歩く事で受ける恩恵

Posted by 黄味子 on   0 comments   0 trackback

先生の後を歩くと言う事は、自分の実力以上の何か大きな力で助けて貰っている。

そんな体験をワイナピチュ・雄島・ご来日時に立ち寄られた所で私は身を持って知る事が出来ました。
ワイナピチュでは登頂するだけでなく、月の神殿まで足を延ばしました。
その道は2~3回山を昇り降りするぐらいハードなものでした。
よくよく振り返ると、6時間近く?の登山中誰もトイレに行かず、
登山経験もない素人が気圧の高い山で高山病にも掛からず、雨の中を歩き低体温にもならずに・・。
不思議でしたが筋肉痛にもなりませんでした。歩いている最中は無我夢中でしたが、
冷静になればなるほど自分だけの力では無理だったと思います。

私達が月の神殿から出て歩き出した時、何人かの登山者とすれ違いました。
その人達は月の神殿を目指して歩いて行かれたはずなのに、途中で折り返しているところでした。
というのは、登山道に係り員がおられ最後尾の後を歩き下山を促されていたのです。
その時に、月の神殿に行く事が出来た最後尾にいたのが私達だった事を知ったのです。
ほんの少しでも遅かったら・・、間違いなく月の神殿には行けませんでした。
そういえば月の神殿に向かう途中で、先生から急いで、と促されたのを今思い出しました。
こうなる事態を先読みされていたとわかりました。

福井ツアーで東尋坊、雄島も先生の後を歩きました。
雄島に先生と歩いた人は皆が笑顔でした。勾配の激しい石段や、
岩でごつごつした道を歩く事に不安があると仰っていた方もスタスタと歩いておられました。
ここ数年七夕には雨が降り星を見る事など出来なかったのに、
今年の七夕は雲一つない晴天。満月の下で先生の儀式を受ける事まで出来ました。
先生が本物だとその場にいた全員が証人になるような出来事もありました。

ご来日時に、ありがたい事に先生のドライバーをさせて頂けました。
昼食に立ち寄った町屋で、目には見えない存在からメッセージを貰われて
お店全体の空気が変わった瞬間に居合わせました。
お店の空気が淀むようには思えないぐらい広いスペースだったのですが、
実際に先生がそこに置いてあった物を少し移動された事で私にもわかるぐらいに風が変わり、
涼しくなり、息がしやすくなりました。

椿のお印があるお庭にご案内した時には、
営業時間外だったにも関わらず入店出来たのも不思議、
そして私がこれまでこのお店に度々訪れてから今までに、
見た事の無いほどのおもてなしを先生は受けられました。
庭園をプライベート空間で過ごした時間は意識が飛んでしまい、
どこにいるかもわからないような不思議な体験をしました。
庭にある木々へご挨拶をされていました。
先生がご挨拶された老木はまるで照れているように見えたり、
次に動物の顔に見え、それは喜びに満ち溢れた表情に見えたり・・・。

先生の後ろを歩く事で不思議な力の恩恵を受けて不可能な事も可能になった出来事を
私目線で気づいた事や経験出来た事を忘れない為にもブログに引き続き書いていきます。


ペルーの旅②「ワイナピチュの登頂で!」

Posted by 黄味子 on   0 comments   0 trackback

私たちはワイナピチュの登頂を目指して気が遠くなるほどの長く安定しない段々の道を歩き続けました。
その道のりは、自分が高所恐怖症だった事すら忘れてしまうぐらい厳しいもので、
私は後れをとってはならないと必死でひたすら歩くしかありませんでした。
ようやく辿り着いた頂上付近は、後ろを振り返る事も出来ない程の急斜面の石段が続き、
そのお陰で私は恐怖症を少し克服する事が出来ました。

ワイナピチュ

頂上には2~3人ぐらいが腰かけられる程の岩が何個か有り、
譲り合いながら他の登山者とハイタッチをしたり記念撮影をしたりして爽快感に浸っていました。
その時、真由美先生が頂きに一人立ち上がられ両手を小刻みに動かし始められたのです。
少し離れた場所に座っていた私は茫然と先生の姿を目で追いかけていました。
すると・・、山の周りを囲む景色が変わり始めまたのです。
先生が山の表面をなぞるように動かされた時、
霧のカーテンがヒラヒラと舞うように私達が座っている所を囲んでいきました。
次に天に向かい指さしながらグルグルと動かされたら、風が止まり
無重力の空間に居るような感覚になりました。

風を強く受ける山頂に立つ事さえ難しい状態で、
しかも山頂の岩は尖っていたので数分間も立ち続けておられたのもよくよく考えると有りえない事だったと思います。
先生を中心とした周りに居る私達だけが大きな風船の様な中にいるような不思議な感覚でした。
先生が天に向かってスピリットに儀式をされていた事を聞いたのは下山してからのことですが、
今このブログを書きながら振り返り、納得が出来た事がありました。
次回に続きを書きます。

福井ツアー

Posted by 黄味子 on   0 comments   0 trackback


ペルーの旅はお試しから始まったと前回ブログに書きましたが、
先生とペルーの地で会えたところからスムーズにことが流れて行きました。
先生はご自身のブログにも書かれているように、目に見えない大きな存在からサポートを受けておられるからだと、
今回のご来日でも驚くような出来事が沢山ありました。

例えば、京都の祭りで一番メインとされている「祇園祭」は、
一年前から予約をしないと宿泊が取れない事でも有名なのですが、
祇園祭を挟んだ日程なのにすんなりと宿泊の予約が取れました。
しかも金額を更に安くして下さった事にも驚きました。
次に、福井ツアーでの宿泊先を先生が探して下さったお宿は全館貸し切り。
しかも、お宿は雄島から一分という好立地にありました。不思議だったのは、
近隣に数件お宿があるにも関わらず、このお宿だけが空いていた事です。

福井までの往復をバスで行くことになり、何社かのバス会社に問い合わせをしました。
初めて行く所で、しかも団体、天候によってプランも臨機応変に対応して貰いたい事を伝えると、
どんどん金額は上がっていったのですが、交渉していた途中から担当者が変更になり、
プラン・予算・経路・時間などの全てがこちらの都合に合わせて動いて下さいました。
しかも当初よりも数万円もお安くして下さったのです。全てがトントン拍子に、スムーズに進みました。
ご来日中の行事全てがスムーズに運び
オーッ!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/と笑いが絶えませんでした。

先生が行かれる所は常にワークショップ状態でお得。
先生が選ばれる食べ物は必ず美味しい。福井ツアー中に二択の選択をする場面が沢山ありましたが、
先生がどこに行かれるかを皆の目線が釘付けになっていたところなども含めてとても楽しい旅になりました。
ただ、全てが楽しかった。では終わらないのが五次元スクールです。
いろいろなところで気付きの練習をしました。
例えば、私が気づいたところでは東尋坊や雄島へ行った時に、
人間側の勝手で作り上げた事柄をまことしやかに伝えていたりするのは、
ペルーに行った時に観光ガイドに載っている事が全て正しい事では無い。
と教わった事と共通していると思いました。
物言わない存在からの目線で教えて貰えて、見方がまた一つ変わる事が出来た深い旅になりました。
お伝えしたいことが沢山過ぎて、どこから書こうかと悩むところではありますが、
振り返りながら綴っていきたいと思います。